ブログトップ

老螳螂札幌「紫霄館」

tanglangsa.exblog.jp

カテゴリ:トレーニング( 5 )

今年も


今年のブログは何をテーマにしようかなとずっと考えていました。
世の中のブログにはとても為になったり、すごい情報を発信している
ブログがあったりすると、なんか凄い事を書かなきゃだめかな~と
考えたりするのですが、とある方の言葉を思い出しました。
「99人が知っている事でも知らない1人の為にあってもいいんじゃないか?」
といわれ、それもありだなと思ったので、今年もゆるゆると
いきたいと思います。まぁもともと札幌分会の練習日記的なところで
スタートしているので肩肘張らずユルユルと行きます。




そして昨年末、Aさんからメールをいただき家でも出来る
トレーニングをということで。


d0020374_2251518.jpg


まず仰向けになり、膝をたてます。








d0020374_2261153.jpg

そこから膝と肩から一直線になるよう腰を持ち上げます。
このときのポイントは臀部と太ももの裏に力を入れることです。
ゆっくりと腰を持ち上げ、6秒くらい止めてからゆっくり下ろします。
コレを10回くらい繰り返すとよいですよ。
なかなか練習に来れない方のメニューということで。
[PR]
by tanglang-sapporo | 2006-01-16 18:12 | トレーニング

鍛える


通常の基本功や套路・スパーなどでも
それなりに体力や筋力がUPしますが
週1回では現状維持がいいところだと思います。

もうちょっと動けるようになりたい。
現状では物足りないと思っている方は
少しばかり筋トレをやりませんか?

d0020374_19133751.jpg




最初の目標は自分の体を支えられるくらい。
何をやればいいのかは練習に来たときに
聞いてくださいね。


d0020374_19142240.jpg

[PR]
by tanglang-sapporo | 2005-06-14 22:34 | トレーニング

足の裏を鍛えよう その2


足の裏を鍛えよう その1の続き

では実際にやってみましょう


d0020374_2010310.jpg



①タオルを用意して足を乗せます




d0020374_2011091.jpg



②次にタオルを手前に引っ張ります。
足でしっかりタオルをつかみます。





d0020374_20181535.jpg



①②を繰り返し、タオルを最後まで引っ張ります。

回数はその日の気分で決めるのが長続きする秘訣です。






d0020374_20223557.jpg



慣れてきたらタオルの先にペットボトルを置き
負荷をかけると良いでしょう。

















この運動は初心者向けですが、けっこう運動されている方も
足の裏を意識するのにはよいのではないでしょうか?

これ以外にもあるので次回の練習にやってみましょう~
[PR]
by tanglang-sapporo | 2005-06-01 20:26 | トレーニング

足の裏を鍛えよう その1


螳螂拳を始めて腕立てや腹筋、スクワットなど基本的なトレーニングを
して体を鍛えるのはとても重要なことです。
しかし、更に重要な場所があります。
それが足の裏「足底筋」です。
なぜ足底筋を鍛えるのか?それは足底筋が弱いと足のアーチが潰れてしまい
正しく力を出せないばかりか、体の故障に繋がっていきます。




d0020374_2385526.jpg

右足の土踏まずが潰れているのがわかるでしょうか?
両足とも土踏まずが潰れていて、踝(くるぶし)の下から内側に折れています。
矢印の部分は骨が正しい位置からずれて飛び出ています。









d0020374_2391287.jpg

で、強制的に土踏まずのアーチを作ってみました。
上の写真との違いがわかるでしょうか?
矢印の部分の骨も元の位置に戻っています。
正しく足底筋を鍛えるとこの写真のような状態に
なります。
















で、どうやって足底筋を鍛えるかというと・・・
次回に続く
[PR]
by tanglang-sapporo | 2005-05-31 23:36 | トレーニング

腹筋

体を鍛えようと思い立つも、さて何から始めればいいのか
迷う人がけっこういます。
「よし!ジョギングからはじめよう!」と思っても
ジョギング自体けっこうハードな運動になるので
今まで運動したことがない人にとっては大変です。

では、どこからはじめればいいのか?
「腹筋」がお勧めです!
腹筋は立っている時に姿勢を保持するための重要な筋肉なので
ここから始めるとよいでしょう。
(運動初心者向けの内容です)


d0020374_0101872.jpg

しかし今まで腹筋すらしたことがない人にとって
ここまで体を起こすのは大変です。




d0020374_0131616.jpg

なので頭と肩が離れるくらいからはじめるとよいでしょう。
ポイントはおへそを見ながら背中を丸くしましょう。
ゆっくりと息を吐きながら体を起こします。
3~6秒ほど止めてからゆっくりと体を戻します。



回数はその日の体調にあわせると良いでしょう。
慣れてきたら次の日にかる~く筋肉痛になるくらい続けてみましょう。

腹筋と共にやると効果的な運動は
[PR]
by tanglang-sapporo | 2005-05-25 22:58 | トレーニング