ブログトップ

老螳螂札幌「紫霄館」

tanglangsa.exblog.jp

カテゴリ:大会・試合( 45 )

表彰式


2月26日に行われた
第19回江別市青少年文化賞・文化奨励賞
第23回江別市青少年スポーツ賞・スポーツ奨励賞
平成17年度江別市教育委員会文化・スポーツ表彰
が行われ札幌分会江別教室から4名受賞者が選ばれました。

表彰者は以下の通りです。

d0020374_1292187.jpg
江別市教育委員会スポーツ賞

讃井りさ
平谷梨乃
藤王佑亮
魚岸大樹


好きな武術で結果が出て、表彰される事は
子供達にとって素晴しく良い経験ではないでしょうか。
やれば出来るということを実感した子は
自らの夢や希望に向って邁進してゆく事でしょう。
おめでとう!
これからも頑張れ!





     
[PR]
by tanglang-sapporo | 2006-03-03 23:16 | 大会・試合

第2回札幌分会交流大会を終えて


12月に入っても雪が積もらず、いっこうに冬らしくならない中
大会前日から突然雪が降り始め、当日朝には猛吹雪になり会場に皆たどり着くだろうかと
心配になりました。9時ちょっと前の時間で会員もスタッフも殆どいなかったので
最悪大会延期を考えるほどでした。
しかし9時を過ぎると雪も上がり始め、9時30分過ぎには選手全員が集まっていました。
 (この吹雪の中会場に来てくれたと思うと・・・選手のお父さんお母さんありがとうございます。)


今大会は思った以上に大番狂わせがあり、白熱した試合が多かったです。
みんな昨年より確実にレベルアップしているので見ごたえがありました。
しかし他の大会に出るとなるとまだまだ練習が必要なので
今回の成績に満足することなく練習に励んでください。
今年は参加人数が少ないながらも一般男子の部で試合を
組めた事は仲間が増えてきたのだという実感をもたせてくれました。
そして今回はITFテコンドー札幌クラブの安田先生と皆さんにご協力いただきました。
ありがとうございました。
また大会運営スタッフとしてお手伝いいただいた選手のご父母の皆さん
ありがとうございました。
来年も開催できるよう頑張りますのでこれからもご協力よろしくお願いいたします。

     札幌分会 齋藤



d0020374_2192180.jpg

[PR]
by tanglang-sapporo | 2005-12-14 22:54 | 大会・試合

第2回札幌分会交流大会

大会結果です。

幼年の部
 優勝  平井 森人
 準優勝 平井 蓮人
 3位  中村 介柊

小学1~2年男女混合の部
 優勝  藤田 海
 準優勝 平谷 梨乃
 3位  古矢 大悟
 4位  青嶋 七海

小学3~4年男女混合の部
 優勝  讃井 りさ
 準優勝 大石 斐菜
 3位  太田 翔希
 4位  北村 舞雪

小学5~6年男子軽量級の部
 優勝  門脇 拓也
 準優勝 佐藤 堅介
 3位  魚岸 大樹
 4位  佐々木 匠

小学5~6年男子無差別級の部
 優勝  藤田 孟
 準優勝 小松 莉央
 3位  葛西 慶樹
 4位  高橋 祐輔

小学5~6年女子の部
 優勝  伊地知 真理

中学男子の部
 優勝  安田 将章
 準優勝 青山 和雅
 3位  鳴海 剣
 4位  佐藤 大

一般男子の部
 優勝  高階 和行
 準優勝 樫見 浩一
 3位  中野 憲司
 4位  竹本 裕二

一般女子の部
 優勝  石川 亮子
 準優勝 土合 薫
 3位  平谷 明代
 4位  長内 美奈子

敢闘賞  山木大河 中川雄太 青山路央
     北村舞雪 日根真倫 佐々木匠
     竹本祐二

ベストファイト賞
     門脇 拓也

ベストスピリット賞
     樫見 浩一
[PR]
by tanglang-sapporo | 2005-12-14 19:53 | 大会・試合

丈夫カップ05



今年もお誘いを受け丈夫カップに参加してきました。
結果は


硬式空手部門一般レディースの部

     準優勝  土合 薫


グローブ空手部門60kg未満の部

      優勝 



今回嬉しかったのは
夏に試合復帰した薫が準優勝した事。
会員さんが応援に来てくれた事
ナカノさんが忙しい中、会場に駆けつけセコンドについてくれた事。
[PR]
by tanglang-sapporo | 2005-12-04 23:41 | 大会・試合

試合を少し振り返る



安田先生のご好意によりIFTテコンドー北海道大会に
男子2名女子1名出場させていただきました。

今回は長拳等の武術で使う足技でどのくらい対応できるかが
テーマでしたが、まあまあ対応できていたのではないでしょうか。
しかしルールを活用するまでにはいたらなかったので
結果にはつながりませんでしたが、前回の試合に続きなにが足りないかが
理解できたと思いますので次回期待しています。

会場でも言いましたがやはり勝ち上がる事は重要です。
会・流派の名誉とかではなく、自身の経験の為にです。
年間4大会16人のトーナメントに出場した場合、全ての大会を1回戦で
負けた場合、4試合しか経験できません。
しかし全ての大会で準決勝に進むことができれば1試合で3試合
4大会では12試合を経験することができます。
年間での差は9試合にもなります。
この差はとても大きいのではないでしょうか?
今試合に出場しているメンバーはそれなりに勝ちあがる力があるので
自分自身の為にも是非多くの勝利を手にしてほしいものです。
[PR]
by tanglang-sapporo | 2005-11-14 10:43 | 大会・試合

第5回ITFテコンドー北海道大会



d0020374_11474577.jpg

ITFテコンドー札幌クラブの安田先生のご好意により
ITFテコンドー北海道大会に出場させていただきました。






d0020374_11494494.jpg

結果は長内が女子の部で3位でした
(出場人数は3名だったので絶対入賞するのですが)

朴禎賢師範と入賞記念に。








d0020374_11495195.jpg

今回の長内は結果には結びつきませんでしたが
内容はすごく良かったです。
待つ姿も様になってきました。
[PR]
by tanglang-sapporo | 2005-11-13 23:45 | 大会・試合

試合をちょこっと振り返る


今回の試合は北海道大会が重なっていた事もあり
参加人数は少なかったですが、収穫は多かったです。

まずは、ゼブラーさんの練習の成果が形になって現れてきた事です。
試合で螳螂拳の技を使うのはなかなか大変なものですが
大変といってばかりではいつまでたっても出来ないので
戦術・戦略を応用して対応していただければと思います。
今回ゼブラーさんのあるひとつの技が出たことがとても感激しました。
本人は自覚がなかったと思いますが、練習していなければ無意識でも
技は出ません。
また急遽出場を決めたので心の準備が出来ていなかったのも良かったと思います。
今までは気負いすぎて必要以上に力が入っていましたから。
そして試合前のテコンドーさんとの合同練習会も良い効果を与えてくれたようです。

少しずつではありますが技が出来ると嬉しいものです。
これも今のメンバーと共に練習できているからこそでしょう。
私もまだまだやらねばならない事は沢山ありますが
地道に練習していけば思っている所へ到達できると思っています。
[PR]
by tanglang-sapporo | 2005-10-28 23:10 | 大会・試合

第17回硬式空手道親睦大会


第17回硬式空手道親睦大会が
白石体育館格技室にて行われました。
結果は以下の通りです。


中学男子  

敢闘賞  佐藤尊徳


一般レディースの部

3位  土合薫



今回は北海道武術太極拳連盟交流大会と日程が
重なったので出場する選手がいるのか?と思いましたが
トモ君がやる気満々だったので急遽出場選手を集め
参加しました。
今回の結果は寂しい限りですが、内容が良かった選手が
半数いたので次回につながると思います。
次回頑張りましょう。


d0020374_147075.jpg






d0020374_1505280.jpg

いつも会場で声をかけてくれる丈夫塾の渡辺先生です。
マスターズの部がないと一般の部に出場しています。
普通に20代の選手と闘っています。
なんと50歳です。
尊敬してます。
[PR]
by tanglang-sapporo | 2005-10-23 23:28 | 大会・試合

第16回北海道武術太極拳連盟交流大会


第16回北海道武術太極拳連盟交流大会が
北海道総合体育センター「きたえ~る」にて行われました。
22・23日の両日で競技・交流部門を合わせ
参加者が1500名を超える大きな大会ですが
札幌分会の会員は競技部門に参加しました。
結果は以下の通りです。


男子カンフー体操1・2

1位  高橋倫人
3位  古矢大悟
4位  藤王佑亮


女子カンフー体操1・2

2位  平谷梨乃


男子入門長拳

2位  藤王祐亮
3位  魚岸大樹


ジュニア部門女子伝統拳術

1位  讃井りさ


女子長拳規定1位
女子剣術規定1位      
女子槍術規定1位             
一般部門女子伝統拳術1位
女子拳術の部最優秀賞


男子長拳規定1位
男子刀術規定1位         
男子棍術規定1位
男子拳術の部最優秀賞



拳術の部ジュニア部門は出場人数が年々多くなり
競技としての体裁が整いつつあります。
しかしながら拳術の部一般部門は
参加者がほとんどいないのが現実です。
女子規定などは五十嵐さんのみの出場でした。
やはり競技として確立するよう、また切磋琢磨の場となるよう
今後も一般の参加者を増やして出場させて行きたいと思っています。


d0020374_045485.jpg




出場選手の皆さん、選手の御家族の皆さん
そして選手をサポートしてくれたスタッフの皆さん
お疲れ様でした。
[PR]
by tanglang-sapporo | 2005-10-22 23:15 | 大会・試合

チャレカラ2005感想



今年のチャレカラは一般・少年部が同時開催だったのでスタッフが
足りない状態だった。いつもは少年部のフォローにまわる一般部の会員も
今回は殆どが選手として参加していたので交代しながら選手兼スタッフとして
忙しく動いていました。
そのお陰か少年部の選手は皆良い動きをしていた。
「勝ちたい」・「負けたくない」そして「練習の成果を出し切る」という
強い意志を感じる事ができた。
これだけでも今回の大会に出場した意味があります。
今週からの練習が楽しみです。


一般女子は新人さんが大活躍でした。
日頃のスパーでは実力差からいつもギリギリの闘いを強いられていたからこそ
気持ちがタフになっていったのでしょう。
試合でもギリギリの所で踏ん張りポイントをとったり守りきる事が出来ていました。
一度勝ち始めると勝つコツが分かってくるので面白くなってくるのですが
勝ちにこだわりすぎると心が硬くなりなにをやってもうまくいかなくなり面白くなくなるでしょう。
今のうちは大いに楽しさを満喫しましょう!


一般男子は練習会で行うスパーと硬式とのルールの違いを頭では理解していても
体が練習会形式で反応してしまうので、どうしても硬式では不利になってしまいますが
ルールの違いを把握し適応させていくのは戦術・戦略の理解につながります。
次回は良い結果になるよう期待しています。



最後にコート運営をお手伝いいただいたご父兄の皆様には感謝の念でいっぱいです。
急遽お願いしてしまった方々も快くお手伝いしていただき、またあの大きな大会で
初めてコート運営のお手伝いをしていただいたにもかかわらず、皆さんで協力しながら
スムーズに運営され、また様々なアクシデントにも臨機応変に対応していただき
私も安心して審判業務や選手監督に集中することができました。
大変ありがとうございました。


今大会を通して私は色々勉強させていただきました。
会員の皆さんはいかがだったでしょうか?
またご父兄の皆様はお子さんの成長を確認できたのではないしょうか?
今後も様々な経験を通して成長していければと思っています。
皆さん大変お疲れ様でした。


     日本老螳螂拳研究会札幌分会
            代表  齋藤 慎也
[PR]
by tanglang-sapporo | 2005-07-31 23:58 | 大会・試合