ブログトップ

老螳螂札幌「紫霄館」

tanglangsa.exblog.jp

足の裏を鍛えよう その1


螳螂拳を始めて腕立てや腹筋、スクワットなど基本的なトレーニングを
して体を鍛えるのはとても重要なことです。
しかし、更に重要な場所があります。
それが足の裏「足底筋」です。
なぜ足底筋を鍛えるのか?それは足底筋が弱いと足のアーチが潰れてしまい
正しく力を出せないばかりか、体の故障に繋がっていきます。




d0020374_2385526.jpg

右足の土踏まずが潰れているのがわかるでしょうか?
両足とも土踏まずが潰れていて、踝(くるぶし)の下から内側に折れています。
矢印の部分は骨が正しい位置からずれて飛び出ています。









d0020374_2391287.jpg

で、強制的に土踏まずのアーチを作ってみました。
上の写真との違いがわかるでしょうか?
矢印の部分の骨も元の位置に戻っています。
正しく足底筋を鍛えるとこの写真のような状態に
なります。
















で、どうやって足底筋を鍛えるかというと・・・
次回に続く
[PR]
by tanglang-sapporo | 2005-05-31 23:36 | トレーニング
<< ようやく暖かくなり 月曜練習 >>