ブログトップ

老螳螂札幌「紫霄館」

tanglangsa.exblog.jp

2007 中国回想録 その12


王慶斎先生は瀋陽で多くの徒弟・学生に武術を指導されました。
その中には王先生の娘さんもいて幼少の頃から武術を学ばれたそうです。
娘さんの名前は王淑萍といい、今でも瀋陽にご健在ということで
会いに行くことになりました。
d0020374_1425049.jpg
前列右が王淑萍先生。後列中央がだんなさんの孔祥龍先生。
孔祥龍先生も幼少の頃から王先生の下で武術を学ばれたそうです。
また孔先生は東北地方に伝わる孔氏正骨術の3代目で
瀋陽では有名だと霍瑞亭先生から聞きました。

d0020374_1433393.jpg
王淑萍先生はナギサが螳螂拳を学んでいる事を聞き
嬉しそうに色々お話をされていました。


d0020374_145110.jpg
霍瑞亭先生の隣にいる御老人。
正骨院に行ったときに夫妻と一緒にお話されていたので
霍瑞亭先生の兄弟弟子かと思い、畏まっていたら霍先生に
「私の弟子ですよ」と聞かされて驚きました!
かなり驚きましたがこの方のお話はのちほど。
[PR]
by tanglang-sapporo | 2007-02-08 22:54
<< 2007 中国回想録 その13 2007 中国回想録 その11 >>