ブログトップ

老螳螂札幌「紫霄館」

tanglangsa.exblog.jp

2007 中国回想録 その13


羅氏断門槍も無事学び終わり
最後に少林螳螂拳を学ぶことになりました。
少林螳螂拳は河北系の拳法でかなり古い拳法と
聞きました。
瀋陽滞在も残り少なく、私的には学んだものを復習した
ほうが良いのでは?と思いましたが
少林螳螂拳も学んだほうが良いとこれもまた霍瑞亭先生
からお勧めされたのと、残り時間が少ないので
第1套路のみ行う事を提案されたので学ぶ事にしました。
この第1套路はシンプルですが短打の技術を多く含み
初心者にも学びやすい套路でした。

またナギサも順調に予定をこなし後半は
日本でも練習していた九節鞭等の学習に時間をかけていました。
ナギサは軟兵器が好きなので、先生から新しい技を学ぶ事ができて
とても喜んでいました。
d0020374_234753.jpg

[PR]
by tanglang-sapporo | 2007-02-09 23:49
<< 男だけで飲み会 2007 中国回想録 その12 >>