ブログトップ

老螳螂札幌「紫霄館」

tanglangsa.exblog.jp

JOC 後日談


2009年4月17日分

今大会は京都で開催ということで、大会の他に観光
大阪分会訪問と内容てんこ盛りでした。
印象深い写真の紹介とともにちょっと振り返ってみたいと思います。


まず遠征に行くと私が選手の管理、貴重品管理や
ビデオ撮影・写真撮影と1人でこなす事になり
トイレや食事も出来ずにいたりとかなり忍耐を必要としますが
今回はスタッフとして2名手伝いに参加してくれたので
選手の管理に専念する事ができました。
仲間の為にサポートするメンバーが出てきた事に
皆の成長を感じます。
d0020374_71455.jpg

やらなければいけない雰囲気だからやるのでは
意味がありません。
ホント感謝感謝です。


京都は十数年ぶりだったので、個人的にも楽しみでした。
時間が許すならば、神社やお寺を沢山見たいのですが
観光が目的ではないので、とある物をメインに見に行きました。
d0020374_7225828.jpg
清水寺の秘仏、十一面千手観音像を見ることができました。

d0020374_732396.jpg

d0020374_7325542.jpg
夜の清水寺は幻想的で綺麗でした。

また桜も満開でした。
d0020374_7361353.jpg



今回の人数で移動するならば、電車や地下鉄よりタクシーを
利用するほうがお得だったりします。
さすが観光の街京都、タクシーの運転手さんの気配りには驚きました。
大会会場まで向かうタクシーの中で、運転手さんに
帰りのタクシーの予約をお願いしたら
「うちの営業所は会場から遠いから、会場近くにあるタクシー会社に連絡した
ほうが早く来るよ。」といって、電話番号を教えてくれました。
違うタクシーに乗っても同様の対応を受けて感激しました。
札幌でタクシーに乗って同じ事をすれば、自分のタクシー会社を
案内される事がほとんどなので本当に驚きました。

ある運転手さんに「京都の運転手さんは親切な人が多いですね」と
話したところ、「タクシーの運転手は京都観光の顔でもあるから
会社うんぬんより、観光客の皆さんに気持ちよくなってもらう事を
考えてる人が多いんだろうね」と言ってました。
また京都出身の運転手さんも多いので、京都を好きになって
帰ってくれるのがなによりだとも言っていました。
なんていうんでしょうか、「おもてなしの心」ってやつでしょうか?
とても気分よくタクシーを利用できました。

一番感激したのはホテルからタクシーで清水寺に向かったときに
タクシーの運転手さんがかなり高齢で、「清水寺まで」と伝えたら
「今の時間はちょっと渋滞するから時間がかかるかも」と言ってきたので
それでもかまわない旨を伝え、清水寺に向かいました。
しばらくしてから、メーターが動いていない事に気がついて
「もしかしてぼったくり?」・・・まぁなにかあればがっちりいってやろうと
思っていたら、なにげなくメーターを作動させました。
かなり走ってからメーターを動かしたので、ホテルのフロントで聞いた
タクシーで向かったときの料金よりかなりお得な値段になりました。
もしかして大家族のお父さんに思われたのでしょうか?
それとも渋滞だからメーターを動かさなかったのでしょうか?
気になったので理由を聞いたら笑顔で
「京都観光楽しんでね」と。
もう、すっかりやられてしまいました。
また京都に来よう!と。
d0020374_885283.jpg



大会中は頭がフル回転なせいか、とても甘い物が食べたくなります。
大会1日目が終了し、夕食をすませ、ホテルに帰る途中で
強烈にマックシェイクが飲みたくなり、マックを探してあるいて
ようやく見つけたと思ったら閉店時間を過ぎていました(T_T)
最終日大会見学を終え、空港でお土産を買う為自由時間を
とっていたら、チビ達からマックシェイクをもらいました
d0020374_817151.jpg

空港に魅力的なスウィーツが沢山ありマックシェイクの事を
すっかり忘れていました・・・
そしたらチビ達が「これ昨日飲みたいって言ってたから。
今回もありがとうございまいた」なんて言うもんだから
なんか感激してしまい、感涙にむせぶところでした。
いや~歳をとったせいか涙もろくなってます(^_^;)

今回は様々な事で皆の成長を感じました。
優しくも逞しく成長する子供達、仲間の為にフォローにまわる
一般部のメンバー。
これからが更に楽しみです。
[PR]
by tanglang-sapporo | 2009-11-01 22:39
<< 久しぶりに・・・ JOC 最終日 >>